30年満期の定期保険と逓減定期保険、保険料は月額どれだけ違う?

毎年保障額が減少する定期保険

様々なタイプの生命保険が販売されているが、生命保険の基本保障は死亡保障であり、その中でも保障される期間が定まっている「定期保険」は生命保険の元祖といってもよいだろう。

通常、定期保険は加入してから満期までの保険期間中は保障額が一定で変わらない。ところが、毎年保障額が減少していく定期保険かおる。これを「逓減定期保険」という。逓減とは数量が次第に減る、あるいは減らすことを意味する。

初年度の保障額は5,000万円であるが、満期眄には1,000万円まで減少している。初年度の保障額の20% 相当まで減少することになる。そこまで減少する分、普通の定期保険と比べて保険料は安い。30歳男性が保険期間30年で加入した場合、毎月の保険料で試算すると、10,500円もの差がでた。

年間にすると126,000円にもなる。保険の図の面積がほぼ半分であるので、保険料も半分近くになることは想像がつくだろう。

定期保険は主に万が一のときの遺族の生活費や子供の教育費を確保する目的で加入するが、その必要保障額は毎年同じではない。たとえばこの先30年間、毎年200万円の保障が必要である場合で考えてみよう。現時点では30年分の6,000万円(200万円×30年)を準備する必要があるが、10年後は残り20年分の4,000万円(200万円×20年)、20年後は残り10年分の2,000万円(200万円×10年)を準備すれば足りることになるあくまで途中のライフプランに変動がない場合を想定しての計算だが、加入した時の保障額でそのまま継続するのではなく、定期的に見直すことで無駄な掛け金を払わなくてもよいことになる。

その点、逓減定期保険では見直しをしなくても保障額が減少していくので効率よく加入することができるわけだ。ただし、途中で必要保障額を増やさなければならない場合や、保障額の減少の仕方やタイミングが必ずしも自分のライフプランに適しているとは限らないので、見直しは必要であることを前提に利用したい。

ちなみにこの逓減定期保険だが、返済残高が毎年一定額減少していく「ローン」に対して、死亡した場合の支払保障として利用することもできるので覚えておこう。

いろいろある定期保険

定期保険は一定期間(10年とか15年とか)内に死亡した場合、死亡保険金が支払われるというシンプルなものだが、実は他にも様々なバリエーションがある。代表的な四種類を紹介しておこう。

①逓増定期保険 ―― 逓減定期保険の逆パターンで、毎年保障額が増加していく定期保険。企業の節税対策や役員の保障を目的に利用されるケースが多い。

②収入保障保険 ―― 死亡保険金は通常一括で受け取ることが基本だが、毎月あるいは毎年受け取ることができるよう設計された定期保険。月額、年額の受け取り単位で設計できるので、必要な保障額をイメージしやすい。受け取り総額は死亡した時点から満期までの期間で計算する(最低保証期間あり)ので、加入時から年々減少することになる。よって逓減定期保険の類似商品と考えてよいだろう。

③特定疾病保障定期保険 ―― 生前給付型といって、死亡しなくても保険金が支払われる保険の1種。ガン・脳卒中・急性心筋梗塞にかかった場合、所定の用件を満たせば保険金が支払われる。死亡しなくても保険金が支払われる分、通常の定期保険より保険料は割高どなる。

もちろん死亡した場合は死亡保険金が支払われる(すでに生前に支払われた分は除く)。生前給付型の保険にはその他にも疾病障害保障保険・重度障害保障保険などがあり(保険会社によって名称や保障内容が異なる)所定の病気になったり怪我をした場合に保険金が支払われる。

④団体定期保険(グループ保険) ―― 企業や団体を通して加入する保険期間が一年の定期保険。企業が保険料を負担する「総合福祉団体定期保険」(Aグループ保険)と役員・従業員が自ら加入するBグループ保険かおる。一般で加入するよりも規模のメリットなどが働くことにより有利なケースが多い。

様々なタイプの定期保険があるが、それぞれ特徴を理解したうえで利用すれば無駄のない設計ができるに違いない。定期保険は保障設計の要となる保険であるので、営業員に進められるがままに加入するのではなく、自らの目で選べるようにしておこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加