保険を選ぶ前の準備

◆ 初めて保険に加入するときに必要なことは◆

まずは、『必要保障額』を考えてみよう

自分に合う保険を見つける、一番の方法は『必要保障額』を知ることです。ちなみに、必要保障額とは、「万が一世帯主(夫)が死亡した時、公的保障の遺族年金や妻の収入」以外の部分を指します。

必要保障額は、家族構成、職業、自分と家族の年齢、貯蓄額などによって、計算することができます。

まず、世帯主(夫)が死亡した場合、「残された遺族が生活するために必要なお金(子供の養育費、教育費も含める)」から遺族年金、死亡退職金を引いた金額で想定します。

  • 会社員? or 自営業?
  • 持ち家か? 賃貸か?
  • 子どもの人数・年齢

こうした条件で、保障額や加入すべき保険の種類が決まってくるのです。

第一に、現在のこうした自分の状況から、おおまかに必要保障額を考えておきましょう。そしてFPさんに相談するのがよいでしょう。

◆ 保険の見直しをする場合 ◆

保険見直しのコツ

必要な保障とは、その時々のライフサイクルで変化します。合理的で保障額の過不足ない保険に加入することが必要です。

また、既に加入している場合は、その保険を再確認する必要があります。

  • どんなときの保障か?
  • 保障額はいくらか?
  • 保障期間はいつまでか?
  • 保険料はいつまで支払うのか?

こうした点を洗い出ししてみましょう。

保険を見直しする場合でも、新規加入の場合と同じように「必要保障額」を原点に考える必要があります。

保険の見直しでは、ひとつ「コツ」があります。それは、死亡保障の考え方です。子供のことを考えて加入する場合、その保障期間は成人になるまでです。

つまり、子供は年々成長する結果、加入時に比べて年々必要保障額は減っていくわけです。

死亡保障額は一定期間ごとに「減らす」という見直しで、保険料もだんだん下げることができるのです。同時に、健康保険や公的年金額も計算して保険選びをしていきます。

◆ 訪問型無料保険相談サービスを利用する ◆

ライフプランを総合的に相談するには、経験を積んだFPに任せよう

FPは保険だけでなく、家計に関する金融知識のプロです。ですから、保険商品だけでなく、税金?不動産?住宅ローン?教育資金?年金制度など、聞きたいことを事前に整理しておきましょう。

ライフプランや家計のことを総合的に相談する場合は、自分でもどんな保険があるのか、関心ある税金や、金利など、調べておく方が得策です。事前準備がなければ、聞きたいこともわからず、言われたままの保険を選ぶ事になりかねません。

◆ 来店型無料保険相談サービスを利用する ◆

店舗は全国に存在。近所なら何度でも相談を。

規制緩和によって増加したのが、保険無料相談サービスのお店です。

みつばちほけん、ほけんの窓口、保険見直し本舗、保険クリニックなどがあります。

ポイントは、無料相談とはいっても、保険販売で利益を得る保険代理店と形は同じです。ですから、前知識がなければ、勧められる商品に加入することになってしまいます。

来店型も訪問型も対応する社員に任せっぱなしではいけません。事前に保険の種類や聞きたい事などを精査してから、相談することが大切です。