無料保険相談の活用法

生命保険は、何十年にもわたって支払い続ける商品です。ですから衝動買いのように契約する人はいませんし、相手がプロのFPであったとしても、初対面で契約してしまう必要は全くありません。

むしろ、無料保険相談は「たくさんの保険会社の商品比較」や「保険についてわからないこと」を質問して解決していくために利用していくのが、上手な利用法です。つまり、『無料』とは、保険のプロに『ただで教わる』だけでも、十分なのです。

無料保険相談を上手に利用するには

◆保険商品は分かりにくい

生命保険は、保険会社だけで数十もあり、テレビや新聞、インターネットと様々な宣伝を行ったいます。ですが、わずか十数秒のCMだけでは商品内容は理解できません。実は、生命保険は、他社と簡単に比較できないような作り方をしています。ですから、単純に比較することなど、誰も出来ないのです。

所詮素人はわからないから、いっそ保険のことを一から教えてもらおう…ということで、無料相談会に出かけるのは、大変便利です。保険の専門家は相談する相手に、その家族に適した保険商品を提案してくれますし、より合理的な商品も教えてくれます。

そして、何より2度、3度、4度と何度でも相談は無料です、というのがこうした保険代理店を利用するメリットといえます。

ただ、無料相談会とはいっても、利益はあくまでも「保険を販売したときの手数料」でしかありません。無料相談会というのは、単なる商売のきっかけでもある、というのも頭に入れておく必要があります。

いろいろな保険会社の商品の組み合わせで、自分だけの保険を持つ

◆複数の保険商品を組み合わせる

従来の保険屋さんからの加入の場合、契約相手は生命保険会社一社だけです。たとえば「日本生命」や「第一生命」のセールスレディは自社の商品しか扱いませんから、今後つき合っていくのは一社だけ、ということになってしまいます。

これは、一社に何もかもお任せする、という点で便利なことではあります。ですが、他社の商品説明を聞かずに一社だけの商品を見て契約することであって、リスクがある可能性も否定できません。

だからといって、何社かの保険商品に加入してしまえば、面倒なことはないのでしょうか?実は、数社もの商品を扱う代理店では、何社もの商品をまとめて管理することが可能です。それでいて、FPがご家庭ごとのライフプランに則した保険設計を行ってくれるのです。

もし、定期保険特約付き終身保険や、アカウント保険といったセット保険に代表される「完全お勧め型商品」ではなく、「より自分の家族にあったオーダーメード」の保険を選ぶことができます。